Top > 戦術考察-初動

戦術考察-初動
HTML ConvertTime 0.026 sec.

開始前 Edit

敵味方の車種を把握した上で、何をどう判断すればよいかのめやす。

進路決定 Edit

  • 軽中戦車か重戦車のどちらかが多い場合には、そちらの進路に素直に従う。
    但し後述するが、真後ろについていくという意味ではない。
  • 判断が難しいのが「両車種がほぼ均等に混在している場合」と「駆逐が多い場合」。
    • 両車種混在の場合は開始後に決める。
    • 駆逐が多い場合は、その駆逐に装甲系が多ければ市街地、機動系が多ければ丘陵地と考える。
      標準系が多い場合は両車種混在の場合と同様、開始後に決めることにする。
  • 鉱山は常に「hill」一択でよい。但し全員が丘への一点集中であるとそれはそれで後々苦しくなるので、その場合は自分から別ルート(主に西の島)も押さえに行く。
    丘以外の指示は滅多に無く、それに従っての成功率も高いわけではない。可能性の低い選択肢を選んで勝率が上がるはずもないので、上記の判断で、多少当てが外れても気にしない。
  • カッパーフィールドは「<< >>」「both side」あるいは指示なしで良い。このマップに限っては片方に固まると基本不利。
  • マップ「渓谷」は丘陵地側・市街地側の区別が無く、とにかく進路をあわせておくことが重要。
     
    上記の考え方で進路方向が決まりそうであれば、「<<<」や「>>>」の指示を出す。
    ボトムティアだったり自信がなければ「<<<plz」などとしておけば良いだろう。
     
    「Right」「Left」の指示は、たまにミニマップ右側・左側と解釈しているプレイヤーが居るので、避けた方が良い。
    また、方向指示をする味方が別にいる場合は、下記のような状況でなければ、変に逆らわずそれに従っておく。
    指示を出した場合の最悪パターンは「誰も従わない」ことではなく「自分が自分の指示にこだわって孤立する」ことである。

開始直後 Edit

たとえ進路が決まっていなくとも、とにかく前進を始める。
装甲系は加速も悪く、様子を見てから動いていたのでは遅い。
少し進んでから引き返しても、加速が遅れるよりは速く動けるので、とにかくまずは加速。

機動系においては開始直後の動作は更に重要。
中央付近のスポット位置に、敵より先につくことが勝敗を左右することもあり、出遅れると最悪の場合、何も出来ずに一方的に負ける。
なぜならば、多くのマップでは双方の開始地点付近は隠れる場所が少ないからである。
これには理由があり、開始地点付近が駆逐の狙撃場所として、見通しがよくなるように作られていることによる。
狙撃役の駆逐自身は、遮蔽物が頼りなくとも、前衛が中央付近を維持してくれる限り、敵の視界範囲と自身の隠蔽率によって、ある程度の隠蔽が保証される。

なので前衛も付かずに、この場所に味方が固まっていると、敵1台からスポットされた途端、あらゆる場所にいる敵戦力から、実に簡単に狙撃の袋叩きに逢うのである。
分散を恐れるからと言って、開幕から味方の様子を見るまで動けない中戦車は、その時点で害悪と言っても差し支えない。

最初の進行方向 Edit

進路方向が決まったら、「マップ外周側」と「中央寄り」の二手に分かれ、敵との中間地点手前を目指して進むのが望ましい。
レミングス有利と一般的に言われてきたBlitzであるが、完全な団子状態は、少しでも突破に手間取ると、容易に包囲される。
その分かれ方であるが、その車種が得意な地形が外側、それに合わせて合流するほうが中央寄り(中央に丘などの起伏がある地形では味方のいる側を維持)とするのが基本。
例えば中戦車の得意な砂漠や丘陵地に進んだ場合、重戦車はその中央寄りを押さえることで、敵との中間地点への到達を、外周を通って到達する中戦車に合わせることができる。
そのまま外周の撃ち合いから裏取りを狙う敵中戦車の侵攻を防ぐ、中戦車と前線を交代する、中央から外へ、敵中戦車を側面から押さえつけるなどの展開を状況に応じて選べる。
 
逆に重戦車の得意な市街地である場合、中戦車は中央寄りの場所を押さえて、素早く敵主力の裏取りに回ることが出来る。
万が一敵が団子状態で突破を狙ってきても、完全に両側に分かれるのと違い、互いに連携を取りやすいので、狙われた側の味方は、もう一方の味方に向かって逃げることで、返り討ちに持ち込みやすい。
なお、進路決定の項でも触れたが、カッパーフィールドだけはこの点において特殊で、両外側に分かれるのが基本。
なぜならば中央の窪地と外周はその高低差から連携を取りにくく、逆に外側同士は射線が極めて通りやすいからである。

偵察・索敵 Edit

偵察役を担う軽戦車や中戦車が目指す最初の場所は、敵味方の中間地点の手前の遮蔽物および茂みである。
これはほぼ全てのマップに備わっていると見ていい。ちょうど中央に位置する丘の起伏か、敵味方に対象的に配置された岩や建物などが目印となる。
この場所に敵の偵察よりも早く着くことで、多くのメリットが生まれる。
自分が偵察位置に着いた時点でまだ敵偵察が遮蔽物に隠れる前であれば、主戦場の制圧が半分近く成功している。
常に戦力の何割かを占める凡庸な戦車は、敵の発見や撃ち合いの開始があると、そこで足を止めてしまう。
これによって敵主力の主戦場への到達を遅らせる効果も期待できる。

偵察行動に慣れない初心者に最初にマスターしてほしいのは「撃たずに逃げる」という選択肢である。
ゲームの性質上、敵を見つけたらどうしても撃ちたくなる気持ちはある。
しかしここで、次のことをよく考えてもらいたい。
 
先頭に立って偵察しているということは、味方が追いつくまで自分は孤立しているということである。
その状態で発見した敵に発砲すると、自分も見つかる。
すると敵全員のマップに、自分だけが敵として表示されることになる。
とうぜん、駆逐は砲塔を向け、中戦車は駆けつけようとするだろう。
ところがその様子は、自分のマップには映らない。
見えないところで、自分を狙う敵が徐々に増えていくのである。
ゆえに、敵が集まって自分が逃げ場を失うまでの間に、行動を起こさなければならない。
 

偵察行動の要点 Edit

偵察役が最初の敵を発見した後に取るべき行動としては、次のどちらかから選ぶ。

  1. 見付けた敵に一発撃って、味方の居る方に向かって撤退する。
    自機が装甲系かハルダウン系中戦車で、かつ、味方全体がこちらに来ている場合に限り、隠れるのみにとどめ、そのまま前線維持も有り。
    ただし、市街地の偵察である場合、中戦車が一定の場所に留まる理由はない。装甲系中戦車であっても、一度は撤退して、別方向から立て直すほうが有利である。
  2. (特に茂みに隠れている場合)そのまま撃たずに様子を見て、敵の後続2~3台までをスポットする。
    敵が中央を越えてきそうになったら逃げる。

偵察結果の読み方 Edit

自分以外が偵察を行い、最初の敵がマップに表示された時に、それを見てどう判断するかの考え方。

地形に適していない敵戦車を見つけた場合 Edit

丘陵地に重戦車が来ていたり、市街地に中戦車が来ている場合は、ほぼそちらへのレミングスが来ていると判断していい。
味方も同様にレミングス出来ている場合は、基本に忠実な行動を取れるかで勝敗が決まるので、主戦場ラインを挟んで対峙し、根気よく立ち回ろう。
遊撃は無理に敵の背面まで踏み込まず、「踏み込むふり」だけ見せて逃げ、戦線を散らすか、敵前衛を斜めから叩くなどで支援してみよう。

敵の偵察役と出会った場合 Edit

味方の大多数が来ていれば、来るまで牽制で様子を見てもよいが、撤退を考えると、自分のいる場所に来るまで必ずしも待つ必要はない。
敵も同じ状況だとすると、撤退できなくなる。
特に、マップ角まで偵察に踏み込んだ場合には、退路を断たれやすいので、迅速な判断が求められる。

敵がいない場合 Edit

入れ違いが発生している可能性がある。
ここの判断が難しく、早すぎると、待ち伏せしていた、あるいは単に初動の遅れていた敵の真ん中に突っ込む形となり、そのまま集中砲火を浴びてしまうことも。
逆に遅すぎると、特に丘陵地と市街地に分かれているマップで市街地に進んだ場合、丘陵地を進んできた敵の裏取りを許すことになる。