Top > 戦術考察-操作・行動

戦術考察-操作・行動
HTML ConvertTime 0.040 sec.

操作 Edit

蛇行 Edit

蛇行はその名の通り、左右へフラフラと揺れながらする移動だが、軽中戦車においては被弾を回避し、重戦車においては弾きを誘う効果が期待できる。
また、丘陵地においては谷間に沿って縫うように蛇行し、市街地では建物の間を左右に曲がることで、遠距離狙撃を防ぎ、スポットを切りやすくできる。
主に撤退する時に使い、前進での蛇行はもちろん、特に前面装甲の強い戦車は後退しながらの蛇行もマスターしておきたい。

方向転換 Edit

例えば向きを変えて後ろに進みたい時、その場で反対を向くまで左旋回または右旋回を続けるのではなく、車の運転と同様、前半は後退、後半から前進を混じえて行う。
そうすることで、次の2つの効果がある。

  • 前後移動が加わることで、僅かでも狙いを外しやすい。
  • 旋回の後半から前進の加速が始まるので、その分移動が早まる。

僅かな違いとは言え、その差で被弾を回避できることもあるので、方向転換時には意識せずとも常に行えるようにしておきたい。
なお、前進のみを続けての方向転換は、旋回半径が大きくなりすぎて、満足に回れないことが多い。

また、これの応用例として、前進+旋回で90度曲がりつつ坂を登り、後退+逆旋回で坂を下ることにより、通常の数倍の速度で方向転換することも出来る。
鉱山で丘上に登ったあと、追いかけてくる敵に対し迎撃態勢を取るときなどにはとても効果的だ。

横移動 Edit

通常、戦車は横移動できないが、S字の前進と後退を繰り返すことで、擬似的に横移動を行う操作技術。
これにより、装甲の弱い側面を相手に向けることなく、正面を向いたまま横方向に移動できる。
遮蔽物が若干離れていたり、敵位置が変化した場合などに有効。

偵察 Edit

知らない人に覚えてもらいたいのが、偵察と攻撃は別物ということだ。
慣れない内は、敵を見つけると必ず撃つ。撃とうと思うとその場で止まる。
その場で止まって撃つと、例え茂み越しでも、ほとんどの場合で見つかる。
まだ発見していない敵にも見つかる。この時、敵プレイヤーが見えるのは自分だけだ。
だからこの瞬間から、7台の敵による狙撃と追跡が始まる。
自分が2発目を撃つ頃には、それらの準備は既に完了している。
だから、見つかった直後は、逃げる最後のチャンスでもあるのだ。
偵察においては、1発も撃てずに撤退しても、なんら恥ずべき行動ではない。
どうせ軽中戦車の1発など大した威力ではない。履帯切りのみでも仕事したと言えるぐらいだ。
上記を意識せず、撃ってその場にとどまって、逃げ場を失いそのまま撃破される方がよほど恥ずかしい。
それさえ意識できるようになれば、偵察行動は半分はマスターしている。

射撃 Edit

斜面の利用 Edit

戦闘を行う地形は、特に軽中戦車の得意な丘陵地においては、水平な面はほとんどない。
これらの起伏は、ほんの僅かであっても、攻撃や防御に大いに役に立つことがある。
射撃においては、

  • 崖上の敵を狙う際に、起伏の斜面に車体前部を載せることで仰角(上を向く角度)を補う。
  • 崖下の敵を狙う際も、下り坂を使って俯角(下を向く角度)を補う。
    ことができる。

しかし、危険なのが俯角を補う場合で、このとき自分は敵側に車体や砲塔の上部を大きく晒すことになる。
なので、俯角が足りずに敵を狙えない場合は、その場所からの射撃を諦めるか、他の方法を取りたい。
その方法の1つは後述の「ロッキングショット」であるが、もう一つが「斜面で車体を傾けることにより、俯角を旋回角度に変える」というもの。
自分の横に斜面がある場合に使えるテクニックだ。
豚飯の不得意な戦車が、斜面を使って無理やりハルダウンしてくることもある。

また、防御においては、特に駆逐による狙撃の場合に、斜面を積極的に使うべきである。
例えば、丘の頂上から狙撃を行うと、発見された際にほぼ全周囲から狙われることになる。
しかし、頂上の少し下の斜面に位置を取ることによって、頂上のある方向からの射撃は防げることになる他、
最初から斜面にいるため、退避行動が非常に素早くなる。
やむを得ず頂上を使う場合でも、斜面にぎりぎり脚のかかった状態で射撃を行い、すぐに斜面に隠れられるようにしておきたい。

偏差射撃 Edit

特に中〜遠距離射撃の際に、移動している敵本体ではなく、その進行方向の少し前を狙うことで、着弾時にちょうど命中するように狙う技術。
これは慣れて感覚をつかむしか無い。
マスターすれば、例えば終盤になって逃げ回る軽中戦車がよくいるが、大抵はマップの外周を同じ方向に回り続けるだけなので、
自分は内側付近に移動し、そこから偏差射撃で楽に倒すことができるようになる。

ロッキングショット Edit

停止時の反動を使い、俯角を稼ぐ技術。
前進から急停止すると、その反動で、通常時以上に砲塔が下を向く事がある。
急ブレーキを踏んだ時の首と同じだ。
一瞬でしか無いが、タイミングさえ掴めば、普通では狙えない位置の戦車にも射撃が可能になる。
wikiサイトに画像つきで詳しい説明が載っているので、そちらを読んでみよう。

NDK Edit

機動系の戦車が、旋回の遅い戦車に対し、その周囲を周り続けることで射線から逃れ続ける技術。
その間に自分は無傷で攻撃を入れ続けられる。
幾つかの細かいポイントを抑えておこう。

  • 敵の砲塔旋回に追いつかれそうになったら、急ブレーキから逆旋回しよう。
    上手く行けば敵の射撃を外せる。
  • 特に旋回が早めの駆逐などに対しては、履帯切りから入るのが有効。
    砲塔付き駆逐の場合、車体を含めた旋回はそれなりに速くても、砲塔の旋回は遅いので、履帯を切るだけでNDKが非常に楽になることも。

履帯ハメ Edit

遮蔽物から飛び出してきた敵で、狙える味方が複数いる場合には必ず狙うべき。
出来れば単に連発するのではなく、敵の履帯修復が完了した瞬間を狙いたい。

短伸縮 Edit

防御 Edit

スポット切り Edit

フェイント Edit

豚飯(サイドスクレイピング) Edit

旋回豚飯 Edit

昼飯 Edit

敵の選別 Edit

ハルダウン Edit

応用・その他 Edit

緊急回避 Edit

いなし Edit

高低差の利用 Edit

谷底への誘導 Edit

ホールド Edit

残骸スタック Edit